引越しは計画的に|不動産売却を成功させるコツ|希望の金額を満たしたい人へ

不動産売却を成功させるコツ|希望の金額を満たしたい人へ

住宅模型

引越しは計画的に

一軒家

賃貸マンションから引越しをするときに必要なのが、住所変更に伴う手続きです。基本的に最初に行う必要があるのが、「転出届」と「転入届」の申請です。転出届は旧住所がある市役所の市民課にいけば申請できます。手続をすれば窓口で「転出証明書」がもらえます。転出証明書は、新しい住所がある市役所で転入の手続きをするときに提出する必要があります。転出と転入の手続きをすることで、住民票が新しい住所に移り、正式に引越し先の住民になれます。手続きは引越してから14日以内にする必要があり、もしも出向けない場合は代理人が代わりに手続きすることもできます。また、インターネットで申込み用紙をダウンロードして郵送で手続きをすることも可能です。

賃貸マンションからの引越しは計画的にすることが大切です。賃貸マンションの賃貸契約を解除する手続きは、大抵引越しをする1ヵ月以上間に済ませておく必要があります。大家さんか管理会社に引っ越しをする旨を伝えると、退去手続きの用紙を郵送してもらえます。そこに氏名や住所、新しい引越し先の住所、敷金を返金するための口座番号などを記入して提出すると手続きが完了します。決められた手続きをしないで勝手に引越したりすると敷金の返金は期待できないどころか違約金も請求されるので注意が必要です。引越し先の賃貸マンションでは最初に隣の住民や下の階の住民に挨拶をすることも大事です。ある程度顔見知りになっておくと騒音トラブルに巻き込まれるリスクが減ります。